血の季節

8月3日。昼間の青空がうってかわって夕方には血のような禍々しい赤色に染まった日ーーー。
長谷部陽子は不思議な電話を受け取る。その声は、ずっと聞き覚えがある、あの子の声だった。
陽子は36歳。一児の母であり、尽くしてくれる伴侶がいた。

『…行ってはいけない。会いに行っては行けない。私には家庭があるのだから…。』

そう思いつつも、電話口の声が「来て…。お願い。痛いよ。来て…。」と懇願している。
受話器を置いてしまえばいいのに、どうしてもそれができなかった…。

なぜならその声は24年前…12歳のときに一目惚れした裕司くんの声だったからだ…。

なぜ…今も声変わりせずに小学生のままの声なんだろう……?
不思議と足は助けを求める声へ向かっていた…。
24hポイント 0pt
小説 60,461 位 / 60,461件 ホラー 2,238 位 / 2,238件