近江の轍

全ては楽市楽座から始まった―――

『経済は一流、政治は三流』と言われる日本
世界有数の経済大国の礎を築いた商人達

その戦いの歴史を描いた一大叙事詩


『皆の暮らしを豊かにしたい』
信長・秀吉・家康の天下取りの傍らで、理想を抱いて歩き出した男がいた

その名は西川甚左衛門

彼が残した足跡は、現在(いま)の日本に一体何をもたらしたのか


※この小説は『小説家になろう』『カクヨム』『アルファポリス』で掲載しています
24hポイント 21pt
小説 14,469 位 / 87,294件 歴史・時代 128 位 / 1,060件