我が二刀、宮本武蔵が末流に非ず

大正十五年、学生剣道界に於ける二刀ブームの黎明期。
松山商業高等学校の剣士、森田可夫は二刀研究の名目で押し付けられた己の二刀に思い悩んでいた。
河川敷で赤松の老木を相手に独り稽古を続けていた森田は、ある日奇妙な老人と出会う――

昭和天覧試合に出場した名剣士、森田可夫の修行時代を描いた、剣道歴史浪漫。
24hポイント 0pt
小説 120,627 位 / 120,627件 歴史・時代 1,394 位 / 1,394件