運命だとしてもお前とはつがいたくない

オメガの南野真尋は大学の合格発表日、長年付き合ってきた幼馴染の彼女に振られてしまう。落ち込む真尋の前に現れたのは、同じ大学を受けたアルファの北浦理仁だった。理仁は、自分たちが運命のつがいではないかと言い出すが、真尋は受け入れられない。しかし同じ大学に通う二人は、次第に接点が増え距離が近づいていく。
固定カプですが、モブレ未遂もあるので苦手な方はご注意ください。

ムーンライトにも投稿しております。
24hポイント 149pt
小説 8,707 位 / 140,735件 BL 1,650 位 / 15,906件