【R18】ピアノの貴公子は深窓の令嬢である姪への愛に目覚め、欲情を覚える

私ひとりだけの想いなら、ずっと心の奥に封印しておくつもりだった。が、潤んだ瞳で私を見上げ、頬を紅潮させ、恥ずかしさで顔を俯かせるその姿に、私の理性は今にも音をたてて崩れそうだった。

姪であるサラへの欲情を断つには、もうこうするしかないーー

私は、決意した。
24hポイント 7pt
小説 26,407 位 / 111,847件 恋愛 11,069 位 / 32,122件