ときを、かぞえる。

 十七年と二ヶ月。
 正確には、十七年と二ヶ月、そして七日。
 ずっと数え続けていた。
 あの日を、取り戻したくて。

 日高英知は姉に無理やり連れられて入った部屋で思いがけない人と再会する。

 森本温。

 姉の元カレで、英知の初恋の人。

『ずっとずっと甘い口唇』の『エレベーター』に続き、マンションのオーナー・森本温を主軸にした話。
視点は基本的に日高英知です。


ちょこちょこなじみの顔ぶれが登場したり、新しいキャラクターも登場します。

エブリスタ、なろう、pixivに掲載中。
24hポイント 7pt
小説 29,524 位 / 127,946件 BL 6,245 位 / 14,100件