二度目の人生は無難に引きこもりたい

クリスティナ・ファンファーニ伯爵令嬢は7歳の誕生日を迎えその数ヶ月後、魔力測定の儀式をする為教会へ行った。
教会には同じ年頃の良家の子息子女が集まっていた。
この日集まった者達の中で最も身分の高い公爵家の嫡男を目にした瞬間……

あ、今日って私がマクシミリアン様に一目惚れした日だ!


あれ?なんで私そんな事知ってるの?

それに、誰?マクシミリアン様って??

『お前の望みはなんだ?』

神様の言葉が脳内で再生される。

『マクシミリアン様と初めて出会ったあの日に戻って、出来るなら人生をやり直したいです』

そう返した女性の姿は16、17歳くらいだろうか。淡く色素の薄そうな金の髪は肩の長さでざんばらに切られ、覇気のない痩せこけた、けれど溢れそうに大きな紫色の瞳をした美しい顔。
薄汚れた牢に繋がれ涙を流す姿は悲壮感が漂う。

これは私だ。

そう思った瞬間に全身を悪寒が駆け巡る。

少し遠くに見える銀色の髪を視界に入れた瞬間に私の思考は停止する。恐怖を感じるのに目の裏を焼く程の憎しみを感じるのに。

一番感じたのは染み入る程の愛しさと悲しみだった。
24h.ポイント 227pt
203
小説 5,280 位 / 186,969件 恋愛 2,304 位 / 56,684件