基本二度寝

基本二度寝

ヒーローは王子より騎士、勇者より魔王、執事より庭師が好き。獣人好き。もふもふじゃなくても好き。※近況は23/1/3記事で更新してます
99 12345
恋愛 連載中 ショートショート R15
王太子リーヴェンスの婚約者の侯爵令嬢は、人形令嬢と周囲からの呼ばれている。 ニコリとも笑わず、怒らず、一言も言葉を発しない。 リーヴェンスは、婚約者として引き合わされた日から、一度も彼女の声を聞いたことがない。 見目が良くても、一切口の聞かぬ彼女を不気味に思っていた。 だから、父である国王陛下に何度も婚約解消を申し出た。 どうせなら、まだ人形令嬢の義妹の方が良い。 多少頭は緩くとも、品格が欠如していても、義姉より見劣りしようとも、会話が成り立つ相手が良い。 侯爵家の娘を妃にしろというのならば、せめてその程度の希望を求めても良いはずだろうと思っての事だった。
24h.ポイント 92pt
小説 10,421 位 / 185,275件 恋愛 4,724 位 / 56,264件
文字数 8,093 最終更新日 2023.10.14 登録日 2023.06.22
恋愛 完結 ショートショート R15
「フリージア様、あなたの婚約者のロマンセ様と侯爵令嬢ベルガモ様は愛し合っているのです。 わかりませんか? 貴女は二人を引き裂く悪女なのです!」 伯爵家の令嬢カリーナは、報われぬ恋に嘆く二人をどうにか添い遂げさせてやりたい気持ちで、公爵令嬢フリージアに訴えた。 彼らは互いに家のために結ばれた婚約者を持つ。 だが、気持ちは、心だけは、あなただけだと、周囲の目のある場所で互いの境遇を嘆いていた二人だった。 フリージアは、首を傾げてみせた。 「私にどうしろと」 「愛し合っている二人の為に、身を引いてください」 カリーナの言葉に、フリージアは黙り込み、やがて答えた。 「貴女はそれで構わないの?」 「ええ、結婚は愛し合うもの同士がすべきなのです!」 カリーナにも婚約者は居る。 想い合っている相手が。 だからこそ、悲恋に嘆く彼らに同情したのだった。
24h.ポイント 149pt
小説 7,481 位 / 185,275件 恋愛 3,374 位 / 56,264件
文字数 7,625 最終更新日 2023.06.19 登録日 2023.06.15
恋愛 完結 ショートショート R18
公爵令嬢エレアーナは、王太子殿下から婚約破棄をされた。 彼の愛する令嬢を無視したから、という理由で。 男爵令嬢からの声かけで公爵令嬢が応えるわけには行かない。 そんな古くからの常識を覆すような理由で。 エレアーナは王太子を愛していた。 婚約破棄をされてもまだ。 彼を視界に入れることが許されるのならば…。 エレアーナは王太子の側近に近づいて、求婚をした。 彼の側近の妻になれば…これからも彼を眺め続けられる、という自分勝手な理由だけで。 ※小話はエロさを少しマシマシ
24h.ポイント 35pt
小説 19,381 位 / 185,275件 恋愛 8,578 位 / 56,264件
文字数 11,349 最終更新日 2023.06.07 登録日 2023.04.21
恋愛 完結 ショートショート
「レーニシア!貴様の婚約は破棄する!」 公爵令嬢は夜会の場で、王太子から婚約破棄を宣言された。 「お待ちください!私の婚約は王命です!リジン殿下のお力で如何なることでもないのです!」 レーニシアは必死に訴えた。 王家に王族に嫁ぐと決められたのは生まれる前から。 相当の教育を受けて生きてきた。 王太子の言葉一つで、レーニシアの未来を歪められてはかなわない。 「そこまでして、私と婚約していたいと強く思うなら、少しは可愛げを見せてみろ!」 忌々しげに吐き捨てられた言葉に、レーニシアは首を傾げ戸惑った。
24h.ポイント 78pt
小説 11,796 位 / 185,275件 恋愛 5,271 位 / 56,264件
文字数 4,522 最終更新日 2023.06.03 登録日 2023.05.31
恋愛 連載中 短編 R18
「お前とは婚約を破棄する!」 「はいっ!わかりました!」 愛しい貴方の為に、貴方の言う通りにします。 婚約者の事が愛しくてたまらない令嬢は彼のどんな望みだって笑顔で答えた。 一で完結。 二以降は余談。コメディエロ。 若干男性向き表現? ※広い意味で浮気。広い意味で寝取り。苦手な方は注意。
24h.ポイント 21pt
小説 25,495 位 / 185,275件 恋愛 11,121 位 / 56,264件
文字数 3,554 最終更新日 2023.05.21 登録日 2021.03.23
恋愛 完結 ショートショート R18
王が直接罪人に与える処罰はいくつかある。 離れの塔に監禁するものや、毒杯を与えるもの。 その他には、重石をつけて泉に沈めたり、部屋に閉じ込めた上で毒蛇を放つもの。 一息で逝かせない。 恐怖を与え、後悔を覚えさせ、じわじわと命の終わりを体感させるための罰が、後の二つにあたる。 王の機嫌を損ねた妃は、罰を与えられた。 王を騙したとされた愛妾もまた、罰を与えられた。 泉に落とされた者と、毒蛇を放たれた者。 王は笑う。 後悔を残したのは…。 ※結局の所、エロ話。(人外×元妃、人外×元妾) ※プレイ内容でタグが増えたりします。 ※本編完結後は不定期更新。番外はエロ話メインとなります。
24h.ポイント 92pt
小説 10,421 位 / 185,275件 恋愛 4,724 位 / 56,264件
文字数 17,172 最終更新日 2023.05.18 登録日 2023.05.09
恋愛 完結 ショートショート R15
幼い頃から婚約していた公爵令嬢との婚約を王子は解消した。 理由は単純だ。 「好きになった娘がいる」 国王も王妃も公爵令嬢も呆れ、再三の説得にもまったく応じない頑なな王子に見切りを付けて、国王は婚約解消を認めた。 婚約者がいなくなった! これでようやく。 王子はいつも彼女に合うときとは違った、王族の衣装を身に纏い、馬車を走らせた。 彼女の元まで。
24h.ポイント 21pt
小説 25,495 位 / 185,275件 恋愛 11,121 位 / 56,264件
文字数 2,674 最終更新日 2023.05.06 登録日 2023.05.06
恋愛 完結 ショートショート R15
王太子の婚約破棄騒動は、男爵令嬢の魅了魔法の発覚で終わりを告げた。 王族は揃いも揃って魅了魔法に操られていた。 公にできる話ではない。 下手をすれば、国が乗っ取られていたかもしれない。 男爵令嬢が執着したのが、王族の地位でも、金でもなく王太子個人だったからまだよかった。 愚かな王太子の姿を目の当たりにしていた自国の貴族には、口外せぬように箝口令を敷いた。 他国には、魅了にかかった事実は知られていない。 大きな被害はなかった。 いや、大きな被害を受けた令嬢はいた。 王太子の元婚約者だった、公爵令嬢だ。
24h.ポイント 56pt
小説 14,343 位 / 185,275件 恋愛 6,495 位 / 56,264件
文字数 3,353 最終更新日 2023.05.04 登録日 2023.05.04
恋愛 完結 ショートショート R15
侯爵家の子息カルバンは実行した。 人前で伯爵令嬢ナユリーナに、婚約破棄を告げてやった。 カルバンから破棄した婚約は、ナユリーナに瑕疵がつく。 そうなれば、彼女はもうまともな縁談は望めない。 見目は良いが気の強いナユリーナ。 彼女を愛人として拾ってやれば、カルバンに感謝して大人しい女になるはずだと考えた。 二話完結+余談
24h.ポイント 63pt
小説 13,387 位 / 185,275件 恋愛 6,025 位 / 56,264件
文字数 3,995 最終更新日 2023.04.20 登録日 2023.04.18
恋愛 完結 ショートショート R15
「番が現れたら、婚約を解消してほしい」 婚約者との茶会。 和やかな会話が落ち着いた所で、改まって座を正した王太子ヴェロージオは婚約者の公爵令嬢グリシアにそう願った。 獣人の血が交じるこの国で、番というものの存在の大きさは誰しも理解している。 だから、グリシアも頷いた。 「はい。わかりました。お互いどちらかが番と出会えたら円満に婚約解消をしましょう!」 グリシアに答えに満足したはずなのだが、ヴェロージオの心に沸き上がる感情。 こちらの希望を受け入れられたはずのに…、何故か、もやっとした気持ちになった。
24h.ポイント 262pt
小説 4,795 位 / 185,275件 恋愛 2,212 位 / 56,264件
文字数 14,519 最終更新日 2023.04.10 登録日 2023.03.28
恋愛 完結 ショートショート R18
「レンニアーネ。公爵家の令嬢、その家格だけで選ばれた君との婚約を破棄する」 この国の王太子殿下が、側近を侍らせて婚約者に告げた。 妃教育のために登城したレンニアーネの帰宅時にわざわざ彼の執務室に呼びつけられて。 王太子の側に見慣れぬ令嬢もいた。 レンニアーネの記憶にないと言うことは、伯爵家以下の令嬢なのだろう。 意味有りげに微笑む彼女に、レンニアーネは憐れみを見せた。 ※BL要素を含みます。 ※タイトル変更します。旧題【ハーレムエンドが幸せな結末であるとは限らない】
24h.ポイント 28pt
小説 21,849 位 / 185,275件 恋愛 9,682 位 / 56,264件
文字数 9,019 最終更新日 2023.03.26 登録日 2023.03.19
恋愛 完結 ショートショート R15
女癖の悪い王太子は呪われた。 寝台から起き上がれず、食事も身体が拒否し、原因不明な状態の心労もあり、やせ細っていった。 「こりゃあすごい」 解呪に呼ばれた魔女は、しゃがれ声で場違いにも感嘆した。 「王族に呪いなんて効かないはずなのにと思ったけれど、これほど大きい呪いは見たことがないよ。どれだけの女の恨みを買ったんだい」 王太子には思い当たる節はない。 相手が勝手に勘違いして想いを寄せられているだけなのに。 「こりゃあ対価は大きいよ?」 金ならいくらでも出すと豪語する国王と、「早く息子を助けて」と喚く王妃。 「なら、その娘の心を対価にどうだい」 魔女はぐるりと部屋を見渡し、壁際に使用人らと共に立たされている王太子の婚約者の令嬢を指差した。
24h.ポイント 71pt
小説 12,435 位 / 185,275件 恋愛 5,612 位 / 56,264件
文字数 5,401 最終更新日 2023.03.16 登録日 2023.03.11
恋愛 完結 ショートショート R18
「僕を殺すなら、メリアを連れて行く」 ただの平民の戯言。 けれど、王太子は苛立った。 王太子の婚約者を連れて行く、というのだ。 城で守られている王太子の愛する婚約者メリアンテを。 ※R18は残酷描写的な意味で *タグ変更 揺れる想い→秘する想い
24h.ポイント 35pt
小説 19,381 位 / 185,275件 恋愛 8,578 位 / 56,264件
文字数 11,297 最終更新日 2023.03.02 登録日 2023.02.11
恋愛 完結 ショートショート R15
侯爵令嬢キアティーヌは、目覚めとともに違和感を感じた。 見慣れているはずの自室が、全体的に広く、そして大きく感じる。 (にゃんですかこれはー!!!) 寝台から飛び降りて姿見の前で絶叫した。 鏡に映るのは、キアティーヌの毛色と瞳の色はそのままで、だがしかし猫になった姿だった。 ※全三話
24h.ポイント 7pt
小説 36,853 位 / 185,275件 恋愛 16,238 位 / 56,264件
文字数 3,172 最終更新日 2023.02.23 登録日 2023.02.23
恋愛 完結 ショートショート R18
「君と結婚はするよ。愛することは無理だけどね」 婚約者はミレーユに恋人の存在を告げた。 愛する女は彼女だけとのことらしい。 相手から、侯爵家から望まれた婚約だった。 真面目で誠実な侯爵当主が、息子の嫁にミレーユを是非にと望んだ。 だから、娘を溺愛する父も認めた婚約だった。 「父も知っている。寧ろ好きにしろって言われたからね。でも、ミレーユとの婚姻だけは好きにはできなかった。どうせなら愛する女を妻に持ちたかったのに」 彼はミレーユを愛していない。愛する気もない。 しかし、結婚はするという。 結婚さえすれば、これまで通り好きに生きていいと言われているらしい。 あの侯爵がこんなに息子に甘かったなんて。
24h.ポイント 42pt
小説 17,101 位 / 185,275件 恋愛 7,741 位 / 56,264件
文字数 11,239 最終更新日 2023.02.07 登録日 2023.01.31
恋愛 完結 ショートショート R15
王は自身によく似ている息子を今日も微笑ましく見ていた。 妃は子を甘やかせるなときびしく接する。 まだ六つなのに。 王は親に愛された記憶はない。 その反動なのか、我が子には愛情を注ぎたい。 息子の為になる婚約者を選ぶ。 有力なのは公爵家の同じ年の令嬢。 後ろ盾にもなれ、息子の地盤を固めるにも良い。 しかし… 王は己の妃を思う。 両親の意向のまま結ばれた妃を妻に持った己は、幸せなのだろうか。 王は未来視で有名な卜者を呼び、息子の未来を見てもらうことにした。 ※一旦完結とします。蛇足はまた後日。 消えた未来の王太子と卜者と公爵あたりかな?
24h.ポイント 7pt
小説 36,853 位 / 185,275件 恋愛 16,238 位 / 56,264件
文字数 11,901 最終更新日 2023.01.29 登録日 2023.01.23
恋愛 完結 ショートショート R18
話し合いもない。 王太子の一方的な発言で終わった。 「婚約を解消する」 王城の王太子の私室に呼びつけ、婚約者のエルセンシアに告げた。 彼女が成人する一年後に、婚姻は予定されていた。 王太子が彼女を見初めて十二年。 妃教育の為に親元から離されて十二年。 エルセンシアは、王家の鎖から解放される。 「かしこまりました」 反論はなかった。 何故かという質問もない。 いつも通り、命を持たぬ人形のような空っぽの瞳で王太子を見つめ、その言葉に従うだけ。 彼女が此処に連れて来られてからずっと同じ目をしていた。 それを不気味に思う侍従達は少なくない。 彼女が家族に会うときだけは人形から人へ息を吹き返す。 家族らだけに見せる花が咲きほころぶような笑顔に恋したのに、その笑顔を向けられたことは、十二年間一度もなかった。 王太子は好かれていない。 それはもう痛いほどわかっていたのに、言葉通り婚約解消を受け入れて部屋を出ていくエルセンシアに、王太子は傷付いた。 振り返り、「やはり嫌です」と泣いて縋ってくるエルセンシアを想像している内に、扉の閉じる音がした。 想像のようにはいかない。 王太子は部屋にいた側近らに退出を命じた。 今は一人で失恋の痛みを抱えていたい。
24h.ポイント 35pt
小説 19,381 位 / 185,275件 恋愛 8,578 位 / 56,264件
文字数 11,347 最終更新日 2023.01.20 登録日 2023.01.10
恋愛 完結 短編 R18
「ニリアーナ。悪いが君との婚約は破棄させてもらうよ」 目を見開き驚愕するのは、長く王太子の婚約者だった侯爵令嬢ニリアーナ。 貴族学園に入学するまでは互いに想い合っていたはずだった相手からの手酷い宣告。 彼の傍らには、学園で出会った子爵令嬢が居る。 魅力ある彼女は、大人しく地味なニリアーナよりも彼の隣がよく似合う。 だが、王太子の婚約者としての矜持がある。 反論を口にしようとしたニリアーナより先に、王太子は書状を掲げた。 「婚約破棄は当然国王の許可を得ている。…これは決定事項だ」 ニリアーナには言葉もない。 王命であれば、もう従う他ない。 子爵令嬢が、口角を上げて笑う。 「そして、この子爵令嬢エクノリアを婚約者とする」 王太子は、皆に聞かせるように声を張る。 優しく令嬢の腰を抱いて引き寄せた。 エクノリアの微笑みに、ニリアーナは敗北した。 彼の隣に立つのは己ではなかったのだ。 ニリアーナはそれ以上その場には居られなかった。 夜会の会場を出て、一人で涙した。 ニリアーナは婚約者だった王太子殿下を愛していた。 エクノリアを妾に希望されたらばそれを受け入れる覚悟もしていた程に。 しかし、ニリアーナの絶望は婚約破棄だけでは終わらなかった。 ※エロあり ※『悪女』を『悪魔』に変更(12/21)
24h.ポイント 7pt
小説 36,853 位 / 185,275件 恋愛 16,238 位 / 56,264件
文字数 17,041 最終更新日 2023.01.03 登録日 2022.12.20
恋愛 完結 ショートショート R18
その小国にはある風習があった。 年の暮れの頃、その年に不幸があれば、聖夜に月の使徒が幸福を届けてくれる。 悪いことがあれば良いこともやってくる、だから前向きに生きよと言う訓示も込めたその国独自の風習だった。 その国に住むある伯爵令嬢は、一心に月に願う。 「婚約破棄」を。 ※イブに思いついて、当日(25日)には間に合いませんでした。とほほ ※R指定は番外であるかもしれないので一応。 ※2022/12/25 短話追加
24h.ポイント 21pt
小説 25,495 位 / 185,275件 恋愛 11,121 位 / 56,264件
文字数 7,056 最終更新日 2022.12.25 登録日 2021.12.26
恋愛 完結 ショートショート R18
「公爵令嬢エルシモアとの婚約を破棄する!」 貴族が集う夜会で王太子は、婚約者と対峙した上で宣言した。 エルシモアは、きょとんとした後、ゆっくり口角を上げて笑った。 「かしこまりました」 静かに了承し、側に居た男性にエルシモアは身を寄せる。 「私、婚約破棄されてしまいました」 甘えるように男性を見上げる姿に、王太子は憤った。 「婚約者がある身でありながらそのように他の男に縋る女などお断りだ!だから婚約破棄をするのだ!!」 叫ぶ王太子にも、傍らに婚約者ではない令嬢を連れていた。
24h.ポイント 35pt
小説 19,381 位 / 185,275件 恋愛 8,578 位 / 56,264件
文字数 2,980 最終更新日 2022.12.09 登録日 2022.12.08
99 12345