婚約破棄は、嫌なのです

「レーニシア!貴様の婚約は破棄する!」

公爵令嬢は夜会の場で、王太子から婚約破棄を宣言された。

「お待ちください!私の婚約は王命です!リジン殿下のお力で如何なることでもないのです!」

レーニシアは必死に訴えた。
王家に王族に嫁ぐと決められたのは生まれる前から。
相当の教育を受けて生きてきた。

王太子の言葉一つで、レーニシアの未来を歪められてはかなわない。

「そこまでして、私と婚約していたいと強く思うなら、少しは可愛げを見せてみろ!」

忌々しげに吐き捨てられた言葉に、レーニシアは首を傾げ戸惑った。

24h.ポイント 85pt
113
小説 11,505 位 / 185,870件 恋愛 5,626 位 / 56,390件