F級テイマーは数の暴力で世界を裏から支配する

ある日、信号待ちをしていた俺は車にひかれて死んでしまった。
そして、気が付けば異世界で、貴族家の長男に転生していたのだ!
夢にまで見た異世界に胸が躍る――が、5歳の時に受けた”テイム”の祝福が、最低位のF級!?
一縷の望みで測った魔力容量と魔力回路強度も平凡だって!?
勘当されたら、その先どうやって生きてけばいいんだー!
と、思っていたのだが……

「あれ? 俺の”テイム”何かおかしくね?」

ちょくちょくチートな部分があったことで、俺は”強く”なっていくのであった
24h.ポイント 12,191pt
38,121
小説 150 位 / 185,981件 ファンタジー 23 位 / 42,755件