諦めるため、最後の思い出にと、権力を使い命令したが何故こうなった!?

従者が好きな主人公に父親から、婚約話が進んでいてもうすぐ決まると報告を受け、従者を忘れるためせめて最後に好きだったと言う思い出が欲しいと思い、従者に家の権利を使い無理やり願望を叶えさせて、諦め婚約者との結婚を前向きに見ようとし婚約が決まる少し前お見合いの様な顔合わせをした
、次の日目が覚めれば見知らぬ場所にいた
「おはようございます、お嬢様よく眠れましたか?」

まって!なんでこうなったの!?

ヤンデレ従者と超絶鈍感お嬢様の出会いとくっつくまでの話。
連載で投稿してますが中は短編を書いて投稿します。

最初は2人の出会いからの話です、ほかの短編でも話が長くなれば何回かに分けます。

従者とお嬢様以外の話も短編として投稿します。

小説家になろうにも投稿してます。
24hポイント 7pt
小説 36,653 位 / 140,422件 恋愛 16,916 位 / 43,451件