月と星の輝く夜に~長屋浪人万屋日記~

白刃に月光がキラリと光る。雲の隙間からもれた光が、一瞬の勝負を決めた。振りかざした刀を鞘に収める。
俺は女が苦手だ。見ているだけで全身が痒くなる。目が合うだけで胸の鼓動が早くなる。話しをすれば呼吸が荒くなり、触れようものなら即死は免れない。
頼まれた仕事さえ終われば、後のことはどうでもいい。さっさと帰ろう。
24hポイント 0pt
小説 101,262 位 / 101,262件 歴史・時代 1,180 位 / 1,180件