アリスの大地 ~夜のプールで出会った少女 vs 告白できない少女~

 めちゃくちゃ気持ちいいぞ、と去年の夏に読んだ小説の主人公が言っていた。
 だから、自分もやると決めた。

 中学二年の夏休みが終わるまで一週間を切った晩のこと。
 この夏の思い出らしい思い出が、宿題と妹と毎日ゲームをしていたことくらいしかないと、僕は気付いてしまった。

 だから僕は、夏の思い出作りの為に、あの小説の主人公のように夜の学校のプールに忍び込んで泳ぐと決めたのだ。
 決して、彼女が居ないことを妹に笑われたからではない。
 ……ないったらないのだ。

 そうして忍び込んだプールで、僕は一人の女の子と出会う。
 金髪青目で肌の白い女の子だ。
 その女の子との出会いが、僕がこの夏に経験する少し不思議な物語の始まりとなるのだった。

****

 私がその男の子のことを好きになったきっかけはと言えば。、それは私がこの街に引っ越してきたその日にまで遡る。
 それ以来、ずっと片思いを続けてきた。何故なら、その男の子には幼馴染の女の子が居たから。
 可愛くて、男の子と仲が良くて、そして私の友人でもあるその女の子に遠慮して、これまで私はずっと想いを胸に秘めていた。
 でも、私はやると決めた。

 恋を自覚してから毎日が楽しくて嬉しかった。
 男の子の姿を見られるだけで幸せな日々は、けれどもいつしか、私の心をがんじがらめに縛ってしまうものになっていた。
 だから、私は告白するのだ。
 何故か私に対してスキンシップだとか愛の告白まがいのことをしてくる学年一の美女であるクラスメイトに焚き付けられたことが原因では決してない。
 私が、私の意志で決めたのだ。……決めたったら決めたのだ。

 そうして私は、勇気を振り絞って宣言した。
 男の子の幼馴染である少女に告白するよと、宣戦布告を頑張った。

 そして、その先。
 今度こそ私は、男の子に告白しよう。
 ……そう決めてから、えーっと、もうどれくらい経ったのかな?

****

タグにある『ガールズラブ』は、二人目の主人公である女の子に関連する物語の部分に多少その要素が入っている為、入れてあります。
現時点では、第11部~の「親友の幼馴染」という章が該当します。(公開までしばらくお待ち下さい)

***

小説家になろうにて先行して投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 83,429 位 / 83,429件 恋愛 22,442 位 / 22,442件