11
恋愛 連載中 長編 R15
 めちゃくちゃ気持ちいいぞ、と去年の夏に読んだ小説の主人公が言っていた。  だから、自分もやると決めた。  中学二年の夏休みが終わるまで一週間を切った晩のこと。  この夏の思い出らしい思い出が、宿題と妹と毎日ゲームをしていたことくらいしかないと、僕は気付いてしまった。  だから僕は、夏の思い出作りの為に、あの小説の主人公のように夜の学校のプールに忍び込んで泳ぐと決めたのだ。  決して、彼女が居ないことを妹に笑われたからではない。  ……ないったらないのだ。  そうして忍び込んだプールで、僕は一人の女の子と出会う。  金髪青目で肌の白い女の子だ。  その女の子との出会いが、僕がこの夏に経験する少し不思議な物語の始まりとなるのだった。 ****  私がその男の子のことを好きになったきっかけはと言えば。、それは私がこの街に引っ越してきたその日にまで遡る。  それ以来、ずっと片思いを続けてきた。何故なら、その男の子には幼馴染の女の子が居たから。  可愛くて、男の子と仲が良くて、そして私の友人でもあるその女の子に遠慮して、これまで私はずっと想いを胸に秘めていた。  でも、私はやると決めた。  恋を自覚してから毎日が楽しくて嬉しかった。  男の子の姿を見られるだけで幸せな日々は、けれどもいつしか、私の心をがんじがらめに縛ってしまうものになっていた。  だから、私は告白するのだ。  何故か私に対してスキンシップだとか愛の告白まがいのことをしてくる学年一の美女であるクラスメイトに焚き付けられたことが原因では決してない。  私が、私の意志で決めたのだ。……決めたったら決めたのだ。  そうして私は、勇気を振り絞って宣言した。  男の子の幼馴染である少女に告白するよと、宣戦布告を頑張った。  そして、その先。  今度こそ私は、男の子に告白しよう。  ……そう決めてから、えーっと、もうどれくらい経ったのかな? **** タグにある『ガールズラブ』は、二人目の主人公である女の子に関連する物語の部分に多少その要素が入っている為、入れてあります。 現時点では、第11部~の「親友の幼馴染」という章が該当します。(公開までしばらくお待ち下さい) *** 小説家になろうにて先行して投稿しております。
24hポイント 28pt
小説 7,336 位 / 36,268件 恋愛 2,412 位 / 8,469件
文字数 40,440 最終更新日 2018.11.13 登録日 2018.10.28
恋愛 完結 短編 R15
秋の肌寒い休日の朝のこと。 私は風邪を引いてしまい、デートの約束をしていた彼氏に連絡をするも、寝ぼけていたのか実の兄に連絡してしまっていた。 R15指定は念の為、です。 小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 7pt
小説 10,972 位 / 36,268件 恋愛 3,415 位 / 8,469件
文字数 8,965 最終更新日 2018.10.27 登録日 2018.10.27
 私、高橋陽花(たかはしようか)は、花も恥じらう女子高生である。  ……あッ、ごめんなさい自分で言うことじゃないですね石投げないで下さいッ!  ごほん、訂正しますね。  私、高橋陽花はちょっと公には出来ない秘密を抱えた女子高生である。  そう、秘密を抱えているのです。  言いたい、でも言えない。  ストレス社会に生きる私の思いの丈を、ここに綴っていきたいと思っています。  それで、もしよければ、アナタにもちょっと覗いていってほしいかなって。  それと、もし何か私に伝えたいことがあれば、是非とも『感想欄?』に書いて下さい。  それと、『お気に入り?』だか『ブックマーク?』にも入れておいて貰えるとありがたいですね。  私が何かを綴ったら、それがすぐにわかるので便利ですし、是非是非。  あぁ、一つ言い忘れてました。  鷹、華と書いて『ヨウカ』と読みます。これはペンネームでもあるのですが……。
24hポイント 7pt
小説 10,972 位 / 36,268件 恋愛 3,415 位 / 8,469件
文字数 9,786 最終更新日 2018.09.18 登録日 2018.09.15
 鷹、華と書いてヨウカと読む。  しかしこの街の人間であれば、いやこの地に生きる人であれば誰でも、その言葉の意味を知っている。  鷹華という二文字で綴られたそれを、剣姫という意味で読むのが常であった。剣姫となりて、もし裏返ればそれは剣鬼ともなるのだ。  その生き様は苛烈にして至極。  ありとあらゆる悪を断ち、か弱き人々に救いの手を差し伸べるとされる至高の存在。  しかしてそれは人の枠組みと理とを外れた存在だとも囁かれる。  それら凡そ人間を形容するに相応しくない言葉の数々の羅列が、しかし真実に限りなく近いということを私は知っていた。  これは、鷹華という英雄に出会った少女の物語である。 ーーーー 終盤、甘い恋愛方向に流れてしまったので、カテゴリを「ファンタジー」から「恋愛」に変更しました。 なんとか規定文字数に収まるように手を入れました。 ほとんどはどこかしら削っているだけですので、読み直さないといけないようなところはありません。 ーーーー 虚構少女シナリオコンテストに応募してみようと思い立ち、書いてみることにしました。 完結までお付き合い頂ければ幸いです。 また、よろしければお気に入りや感想などよろしくお願いします。
24hポイント 7pt
小説 10,972 位 / 36,268件 恋愛 3,415 位 / 8,469件
文字数 9,993 最終更新日 2018.09.14 登録日 2018.09.12
恋愛 完結 短編 R15
今日は月曜だからこそ、朝はゆっくりしたいんだが 幼馴染との関係を変えたいと願う男が、今日を頑張る物語です。たぶん ------ もしよろしければこちらのお話もどうぞ。 明日は月曜だから、今日はゆっくりしたいなあって https://www.alphapolis.co.jp/novel/723460888/280207103 ------ 虚構少女シナリオコンテスト参加作品 もし宜しければ、こちらもどうぞ。お気に入りに入れて頂けると尚喜びます 「鷹華を空に、剣を心に」 https://www.alphapolis.co.jp/novel/723460888/669207602 -------- 小説家になろうにも投稿します。
24hポイント 7pt
小説 10,972 位 / 36,268件 恋愛 3,415 位 / 8,469件
文字数 3,174 最終更新日 2018.09.11 登録日 2018.09.11
恋愛 連載中 長編 R15
台風が来るので、今日の私はお休みです。 台風が来たので、今日で親友を終わります。 台風が行ったので、今日から私がお姫様 そんなお話です。 上二つを書き直して、更にその先に続きます。
24hポイント 7pt
小説 10,972 位 / 36,268件 恋愛 3,415 位 / 8,469件
文字数 13,736 最終更新日 2018.09.09 登録日 2018.09.07
恋愛 完結 短編 R15
明日は月曜だから、今夜はゆっくりしたいんです。 幼馴染との関係が変わるかもしれない、そんな日曜の夜のお話です ------ 以下宣伝です。 虚構少女シナリオコンテスト参加作品 もし宜しければ、こちらもどうぞ。お気に入りに入れて頂けると尚喜びます 「鷹華を空に、剣を心に」 https://www.alphapolis.co.jp/novel/723460888/669207602 -------- 小説家になろうにも投稿します。
24hポイント 0pt
小説 36,268 位 / 36,268件 恋愛 8,469 位 / 8,469件
文字数 6,756 最終更新日 2018.09.09 登録日 2018.09.09
マホウツカイになりたい人生だった。 言霊師とは、言葉を操る職業である。 だが、僕がなりたいのはそんなよくわからないモノではなく。 英雄譚に登場するような、カッコいい偉大な魔法使いだ。 だが、僕には魔法の才能がない。 多少なりとも素養があれば、十にも満たない子供でも使えるはずの基本魔法を全く扱うことができず、火も水も土も風も、何をも操ることが出来ない。 だが絶望するにはまだ早い、と元冒険者の父さんが教えてくれた。 この世界には冒険者という存在がいて、彼らは迷宮に潜っている。 そこにはモンスターがいて、死力を尽くした戦いが繰り広げられている。 そしてその迷宮には、そして神の御業とも称される様々な魔道具が眠っている。 例えば、振るうだけで敵を焼き尽くす炎を生み出す杖。 例えば、空へと打ち込むことで恵みの雨をもたらす弓矢。 例えば、願うだけで嵐を起こす指輪。 例えば、地に突き立てるだけで大地を揺らす剣。 冒険者達は、人智を超えた能力を有する魔道具を求めて、日夜迷宮に潜るのだ。 そんな神の御業を体現する不思議な魔道具を、僕は手に入れたい。 魔法の才能がなくとも、それがあれば僕はマホウツカイになることが出来る。 だから僕は、この迷宮都市にやってきた。 僕の夢を叶える為の冒険が、これから始まるのだ。 これは、魔法使いになりたいと願う少年が、言霊師としての力を駆使して夢を叶えようとする物語である。
24hポイント 7pt
小説 10,972 位 / 36,268件 ファンタジー 3,557 位 / 13,169件
文字数 16,408 最終更新日 2018.09.07 登録日 2018.08.31
恋愛 完結 短編 R15
台風が来た日に告白された私の話 --- 小説家になろうにも投稿しております。 全3話予定 この作品の前日譚というか、直前に起こった物語は以下です。 もしよろしければ、こちらもお読み頂ければ、と思います。 「台風が来るので、今日の私はお休みです」 https://www.alphapolis.co.jp/novel/723460888/245205723
24hポイント 0pt
小説 36,268 位 / 36,268件 恋愛 8,469 位 / 8,469件
文字数 6,782 最終更新日 2018.09.04 登録日 2018.09.04
恋愛 完結 ショートショート
幼馴染でもあり親友でもある透子に、好きな人が出来たという。 彼女の初恋を、私は応援したい。 ---- 小説家になろうでも投稿しております。 一話完結です。 ---- このお話の続編にあたるお話を公開しております。 もしよろしければ、こちらもどうぞ。 「台風が来たので、今日で親友をおわりにします」 https://www.alphapolis.co.jp/novel/723460888/514205801
24hポイント 0pt
小説 36,268 位 / 36,268件 恋愛 8,469 位 / 8,469件
文字数 4,218 最終更新日 2018.09.04 登録日 2018.09.04
恋愛 連載中 長編
 めちゃくちゃ気持ちいいぞ、と去年の夏に読んだ小説の主人公が言っていた。  だから、自分もやると決めた。  中学二年の夏休みが終わるまで一週間を切った晩のこと。  この夏の思い出らしい思い出が、宿題と妹と毎日ゲームをしていたことくらいしかないと、僕は気付いてしまった。  だから僕は、夏の思い出作りの為に、あの小説の主人公のように夜の学校のプールに忍び込んで泳ぐと決めたのだ。  決して、彼女が居ないことを妹に笑われたからではない。  ……ないったらないのだ。  そうして忍び込んだプールで、僕は一人の女の子と出会う。  金髪青目で肌の白い女の子だ。  その女の子との出会いが、僕がこの夏に経験する少し不思議な物語の始まりとなるのだった。  小説家になろうにて連載しております。
24hポイント 0pt
小説 18,497 位 / 18,497件 恋愛 4,956 位 / 4,956件
11