空域のかなた

地上の大半が毒を持つ空気(瘴気)に覆われ、メストス(清浄空気)区には限られた特権階級しか住めない世界で、よりよい空気を求める特権階級に駒として使われる貧民がいた。
俗に、彼らは”黒肌の民”と呼ばれる。毒の空気を吸っていれば幼くて死ぬが、遺伝子強化され戦場に送られ強くなっても疎まれる存在。
メゾン区第一空軍に所属するコードネーム「タエ(四)」はかつて、黒肌の民の到達できる最高位「ツェー(一)」の位をとって世界を変える約束をした。

空戦に、貴方は何を想う?


ファンタジー小説大賞に応募中です。
24hポイント 85pt
小説 5,406 位 / 59,174件 SF 102 位 / 1,987件