もう一つの空

「空域のかなた」から五十年。黒肌の民と呼ばれた被差別階級は存在せず、万民が議会制民主主義の元平和に暮らしていた。

しかし、ことはそう単純ではなかった。政治的安定によってもたらされた人口の増大は人類の生息可能領域の奪回に追いつかず、人口は過密になり、新たな問題が発生する。

都市労働者の劣悪な労働環境、新たな差別構造の発達、そしてーー

これは機械師ロンとその師匠の、差別に打ち克つ物語。

前作はこちら

https://www.alphapolis.co.jp/novel/72361337/897283879
24hポイント 0pt
小説 91,944 位 / 91,944件 SF 2,821 位 / 2,821件