片手の花と道化師

ぼくはキア。父親は無職の浮浪者で、ずっとふらふら…自由気ままなと言えば聞こえもいいあてのない漂流生活を送っていた。
ぼくは母親が誰かも知らない。
お金も、国籍も、希望もない。
あるのは無一文、無国籍、甲斐性なしという目を覆いたくなるような現実。このまま父さんが年老いたら、介護をしながら必死に日銭を稼ぎつつ生きていくんだと思っていた。
たまたま父さんと乗った舟が日本の端にある、まるで世界から忘れ去られたような離島に辿り着きそこで君たちと出会うまでは---
24hポイント 7pt
小説 17,677 位 / 65,942件 ファンタジー 4,372 位 / 20,314件