青海汪

青海汪

初めまして^_^ 泥沼系ファンタジー大好き青海です❤️ わからないながらも頑張って更新していけたらと思います❣️皆様のオススメ作品などありましたら、是非教えて下さい(╹◡╹)
8
私の世界に きみはいない。 ぼくの世界に きみはいない。 目に見えるものはすべて 同じなのに 何故かぼくらは お互いの存在を確かめられない。 この世界にいないけど、確かにいるきみへ。 同じ空の下で、私は   同じ空の下で、ぼくは -ーー奇跡を信じている。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 ファンタジー 26,934 位 / 26,934件
文字数 14,438 最終更新日 2020.12.13 登録日 2020.04.18
近未来と異世界が織り交ぜる切ない物語。 過去に書いた作品を加筆なしで公開しています。拙い文章ですが、宜しければご覧下さい(^^)
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 ファンタジー 26,934 位 / 26,934件
文字数 482,936 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.04.28
恋愛 完結 短編 R15
失われた子どもたちの童話集 番外編 由良川琳子の母妃紗子の物語 〜ネタバレ含む〜 彼女を人は とてつもない美女だと言った。 彼女を人は とてつもない悪女だと言った。 彼女を人は とてつもない人間だと言った。 彼女は自分を Queen だと言った。 これは壮絶な彼女の人生を記した、誰も知らない物語。
24hポイント 7pt
小説 23,544 位 / 100,176件 恋愛 9,901 位 / 27,968件
文字数 66,486 最終更新日 2020.03.07 登録日 2020.03.04
SF 完結 短編
宇宙に居住を移し始めた近未来。人々は技術の進化に伴い様々な恩恵を受けて暮らしていた。しかしその裏側で失った事さえ意識されずに消えていく 「想い」というものがあった。 一話完結型のSF短編集。 遥か彼方から発信されるラジオを通し語るシエルの謎が、すべてを読み終えた時に解き明かされる。 これは宇宙の片隅で生まれた、孤独な少年が紡ぐ人々の物語…
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 SF 2,964 位 / 2,964件
文字数 28,606 最終更新日 2020.02.17 登録日 2019.12.12
数ある童話たちの中で、これほど悲しく心を締め付ける物語はあっただろうかーーー そこは限られた子どもたちにしか門扉を開かない学園だった。 異父兄妹の琳子と兄の翠は母の突然の死去によりそれぞれの留学先から急遽呼び出され、メール・ヴィ学園への転入を命じられる。そこで学園という檻の中にある楽園でしか生きることのできない子どもたちと出会い、自らの生い立ちや過去と向き合っていく。 これは大人になることを拒んだ現代のピーターパンとウェンディの、叶わない恋のお話…
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 恋愛 27,968 位 / 27,968件
文字数 449,337 最終更新日 2020.02.10 登録日 2019.11.23
舞台は古代ヤオヨロヅ国。神の血を継ぐ大君一族が支配するその時代。大君即位記念を祝い賑わう都では、次期大君にナルヒトの宮か、ヌヒの宮のいずれが選ばれると噂の的になっていた。 大君の第一子ナルヒトの宮。彼は優秀な甥ヌヒに宮と競い合い次期大君の座を獲得するよう命じられたが、ナルヒトの真の目的は王位継承とは別にあった。 異国の血が混じるピリとライ。彼等は出自にまつわる理由から都から離れたところで、人目を避けるように暮らしていたがある日都に現れた不思議な雰囲気を持つ薬師サトルと出会い予期せぬ運命に巻き込まれていく… 彼等の出会いに幸せな完結はあり得ない。悲しくも美しい復讐劇の幕開けだった。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 ファンタジー 26,934 位 / 26,934件
文字数 265,005 最終更新日 2020.01.01 登録日 2019.11.22
砂漠にふとできた水溜りに、小さなお魚が生まれました。 お魚は夜空に浮かぶお月様のことが気になってしかたありませんでした。 お魚とお月様の、とても短いものがたりーーー
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 児童書・童話 1,904 位 / 1,904件
文字数 975 最終更新日 2019.11.28 登録日 2019.11.28
ぼくはキア。父親は無職の浮浪者で、ずっとふらふら…自由気ままなと言えば聞こえもいいあてのない漂流生活を送っていた。 ぼくは母親が誰かも知らない。 お金も、国籍も、希望もない。 あるのは無一文、無国籍、甲斐性なしという目を覆いたくなるような現実。このまま父さんが年老いたら、介護をしながら必死に日銭を稼ぎつつ生きていくんだと思っていた。 たまたま父さんと乗った舟が日本の端にある、まるで世界から忘れ去られたような離島に辿り着きそこで君たちと出会うまでは---
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 ファンタジー 26,934 位 / 26,934件
文字数 102,686 最終更新日 2019.11.24 登録日 2019.11.23
8