身代わりと捨てた時間

若くして不治の病になった彼。医者に宣告された余命が短かった。——本来なら不治の病に罹っていたのは彼の兄だった。しかし、彼は生きていられた時間(とき)を捨ててしまった。
24hポイント 0pt
小説 105,756 位 / 105,756件 現代文学 5,514 位 / 5,514件