僕の目の前の魔法少女がつかまえられません!

「ああ、君、魔法使いだったんだっけ?」というのが結構当たり前になっている日本で、その割合が他所より多い所に引っ越してきた佐々四十三(さっさ しとみ)17歳。
 ところ変われば品も水も変わるもので、魔法使いたちとの付き合い方もちょっと違う。
 不思議な力を持っているけど、デリケートにできていて、しかも妙にプライドが高い人々は、独自の文化と学校生活を持っていた。

 魔法高校と普通高校の間には、見えない溝がある。それを埋めようと努力する人々もいるというのに、表に出てこない人々の心ない行動は、危機のレベルをどんどん上げていく……。
(『小説家になろう』様『魔法少女が学園探偵の相棒になります!』、『カクヨム』様の同名小説との重複掲載です)
24h.ポイント 0pt
小説 185,994 位 / 185,994件 ライト文芸 7,027 位 / 7,027件