境界のレジリエンス

 大学を卒業した後、いわゆるUターン就職してから4年になる。
 同居している両親のいいつけで、隣家から垣根を越えてくる枝の始末にかかった俺……生田費人(いくた ちかひと)の前に現れたのは、高校時代に顔見知りだった漫画家志望のオタク中学生、興村紹子(おきむら しょうこ)だった。
 彼女との間には、ひとりの女性をめぐる確執がある。

 女川績(めかわ つむぎ)。

 頭脳明晰、容姿端麗な女子剣道部員。
 いつも世界に目を向けていて、誰よりも早く行動を起こす。
 そんな彼女が卒業式の答辞も読まずに俺たちの前から姿を消したのは、つらい思い出のひとつだった。
 その原因を作った紹子は、俺に追及されるままに績を探し求める。
 
 績はなぜ消えた?
 どこに行った?

 紹子はその過去を蒲松齢『聊斎志異』めいた物語に変えて過去を語る。
 そのうちに俺と紹子の関係も、少しずつ近づいていく……。
(『カクヨム』様との重複掲載です)
24h.ポイント 0pt
0
小説 183,798 位 / 183,798件 恋愛 56,033 位 / 56,033件