信長の秘書

右筆(ゆうひつ)。
それは、武家の秘書役を行う文官のことである。
文章の代筆が本来の職務であったが、時代が進むにつれて公文書や記録の作成などを行い、事務官僚としての役目を担うようになった。

この物語は、とある男が武家に右筆として仕官し、無自覚に主家を動かし、戦国乱世を生き抜く物語である。


などと格好つけてしまいましたが、実際はただのゆる~いお話です。
24hポイント 63pt
小説 7,319 位 / 64,452件 歴史・時代 78 位 / 760件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

無職ニートの俺は気が付くと聯合艦隊司令長官になっていた

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1462pt お気に入り:1368

転生してみたら、魔犬だった。マジで詰んでる。

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:42pt お気に入り:13

戦国夢物語

歴史・時代 / 連載中 24h.ポイント:234pt お気に入り:23