アマテラスの力を継ぐ者【第一記】

 小学六年生の五瀬稲穂《いつせいなほ》は運動会の日、不審者がグラウンドへ侵入したことをきっかけに、自分に秘められた力を覚醒してしまった。そして、自分が天照大神《あまてらすおおみかみ》の子孫であることを宣告される。

 保食神《うけもちのかみ》の化身(?)である、親友の受持彩《うけもちあや》や、素戔嗚尊《すさのおのみこと》の子孫(?)である御饌津神龍《みけつかみりゅう》とともに、妖怪・怪物たちが巻き起こす事件に関わっていく。

 ☆感想、指摘、批評、批判、大歓迎です。(※誹謗、中傷の類いはご勘弁ください)。

 ころころ視点が変わるのが苦手な方は、主人公の一人称形式で物語が進む『五瀬稲穂と日本の神々』をお読みください。
24hポイント 7pt
小説 23,375 位 / 96,308件 ファンタジー 4,896 位 / 26,121件