殿下、あなたが求婚した相手はわたくしではありません

「十六歳の誕生日、おめでとうございます。あのときの約束を覚えていますか? 俺はあのときのことを忘れたことはありません。もう一度、改めてプロポーズさせてください。どうか、俺の妃になっていただけませんか」

突然の求婚に、ヴェルハイム伯爵令嬢のステラはただただ困惑した。
目の前には見目麗しい第三王子が跪いている。
けれど、どれだけ記憶を呼び起こしても、そんな約束をした覚えはない。

これは、勘違いから始まる恋のお話。
24hポイント 28pt
小説 14,626 位 / 99,994件 恋愛 6,316 位 / 27,912件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

旦那が想い人と駆け落ちしました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:66598pt お気に入り:685

私、女王にならなくてもいいの?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:5361pt お気に入り:765

【完結】旦那様は妻の私より幼馴染の方が大切なようです

恋愛 / 完結 24h.ポイント:327169pt お気に入り:10020

(完結)義妹が私のものを欲しがりますが、センスが……

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:14917pt お気に入り:823

悪役令嬢の悪行とやらって正直なにも悪くなくない?ってお話

恋愛 / 完結 24h.ポイント:106pt お気に入り:31