短編集『五感氾濫』

各五感の内、一つが氾濫した人と、最近よく最寄り駅の待合室で一緒になります。
奇行に見えた彼らの振る舞いも、可哀そうなだけに思え始め――

そして彼らは問うのです。
――あなた、以前、どこかで?

第三話は猩々飛蝗ではなく、モグラに書いてもらいました!
24hポイント 0pt
小説 102,138 位 / 102,138件 ホラー 3,670 位 / 3,670件