死ぬほど愛してやる


優しい父と母の元生まれた俺は生物学上は女中身は男として育った

そのことで人に虐められ揶揄われて以来人と仲良くする気も無くししたくもなくなって人を嫌い性格も荒れた

好きな人はいる?そう問うと彼?は必ず顔をしかめては

「死ぬほどいらねぇよ寝言は寝て死ね」
と言うのだ

そんな彼?にとある二人の双子が目の前に現れる

「「死ぬほど愛してやるよ」」

これは

主人公が彼らに愛される話であり

主人公があまりにもやばいやつということの話
24hポイント 7pt
小説 18,450 位 / 60,871件 恋愛 6,181 位 / 14,815件