疲れたんで辞職します~元一般兵の無双冒険譚~

 王国直属の騎士団に就職したはずが待っていたのは駒のように使われる地獄の日々。

 国のために命を懸けて戦ったラムダは戦場で致命傷を負い早すぎる死を悟る。
 そこに自分を神だと名乗る不思議な少年が現れる。

 「わが名はマルーク! 治癒の神なり!」
 (何言ってんだこいつ……。)

 治癒の神マル-クから生きる代償として【治癒神の器】という不思議な能力を授かったラムダは壮絶な神々の戦いに巻き込まれることとなる。

 しかし、マル-クから与えられた【治癒神の器】は回復しかできない欠陥だらけの力だった。

 ラムダが元々使えた魔法は【身体強化魔法ライズ】のみ。
 その効果は身体能力の限界を倍に引き上げる能力。

 「待てよ倍?」

 限界を引き上げるライズの弱点、それは引き上げた力に耐えきれず体が壊れてしまうことだった。
 その不可能を【治癒神の器】が可能にする。

 【治癒神の器】と【身体強化魔法ライズ】、欠陥だらけの力同士が科学反応を起こし限界を超越した力で迫りくる困難をぶち壊す。

 ――これは、騎士団を辞職した一般兵が希望をかかげ世界の理不尽な不条理へと立ち向かっていく、そんな物語である?
24hポイント 0pt
小説 96,483 位 / 96,483件 ファンタジー 26,134 位 / 26,134件