メスガキな悪役令嬢はひたすらに王妃を排除しようとする

悪役令嬢として、後の世に受け継がれる公爵令嬢のマリアンヌは、時の皇帝ディーン3世の隠れ愛人だった。彼女はいつも、正妻である王妃アントワープの暗殺方法を考えていた。アントワープの気を引くため、社交界では常に彼女の良き隣人を演じてきた。その結果、アントワープはマリアンヌを友人と認めることになった。

マリアンヌが本性を表すとき、世界はどう変化するのか?
24hポイント 42pt
小説 10,107 位 / 83,575件 恋愛 4,334 位 / 22,200件