ヒキこもりニートが異世界に転生したら、夢のなかだと思ったまま暢気に暮らしはじめました。

『目が覚めたらそこはゲームの世界で、ぼくの髪がフサフサだった。ぼくはこの毛を守るために稼ぐんだ!』 目が覚めたら薄毛(けっして●ゲではない!)だったぼくの髪の毛が増えていた! いや違う、異世界だった。なるほど、ぼくはゲームの世界の夢を見ているんだな。◇「さて、今日はなにしてあそぼうかな」ヒキニートはいがいにふてぶてしい。
24hポイント 0pt
小説 144,162 位 / 144,162件 ファンタジー 34,666 位 / 34,666件