鬼の社のあくまさん

「おいで。私を訪ねてきたんだ、よほど困っていたんだろう?」

『鬼の社のあくまさん』──それはとある町で、まことしやかに囁かれる噂。あるいは都市伝説。
 彼に気に入られれば願いを叶えてもらえるが、彼に気に入られなければ、食べられてしまうのだという──。

***

 中学三年、卒業式を迎えた黒田結子は、三年ぶりに小学校まで住んでいた町に戻ってきた。
 かつての地元で再び始まる新生活に思いを馳せたのもつかの間──彼女は、かつてのクラスメイトたちが巻き起こしたとある事件に巻き込まれ、かつてのクラスメイト共々、命の危機に晒される。
 クラスメイトである友人の命には刻一刻とタイムリミットが差し迫り、結子はどんどんと追い詰められていく。
 困り果てた彼女が頼ったのは、この町にまことしやかに囁かれる噂。
 ──『鬼の社のあくまさん』だった。

「いらっしゃい、迷えるお嬢さん」

 鬼の社とは。
 そこに住まう『あくまさん』とは何者なのか。
 結子は、無事に高校生活を迎えられるのか。

 中学生と高校生の間、何者でもない時間から始まるなんちゃってホラーな現代ファンタジー!
24hポイント 0pt
小説 63,887 位 / 63,887件 キャラ文芸 1,899 位 / 1,899件