体裁のために冤罪を着せられ婚約破棄されたので復讐した結果、泣いて「許してくれ!」と懇願されていますが、許すわけないでしょう?

 パーティ会場、観衆が見守る中、婚約者のクリス・メリーズ第一王子はいきなり婚約破棄を宣言した。

「アリア・バートン! お前はニア・フリートを理由もなく平民だからと虐め、あまつさえこのように傷を負わせた! そんな女は俺の婚約者に相応しくない!」

クリスの隣に立つニアという名の少女はクリスにしがみついていた。
彼女の頬には誰かに叩かれたように赤く腫れており、ついさっき誰かに叩かれたように見えた。

もちろんアリアはやっていない。
馬車で着いてからすぐに会場に入り、それからずっとこの会場にいたのでそんなことを出来るわけが無いのだ。

「待って下さい! 私はそんなことをしていません! それに私はずっとこの会場にいて──」
「黙れ! お前の話は信用しない!」
「そんな無茶苦茶な……!」

アリアの言葉はクリスに全て遮られ、釈明をすることも出来ない。

「俺はこいつを犯罪者として学園から追放する! そして新しくこのニアと婚約することにした!」

アリアは全てを悟った。
クリスは体裁のためにアリアに冤罪を被せ、合法的に婚約を破棄しようとしているのだ。

「卑怯な……!」

アリアは悔しさに唇を噛み締める。
それを見てクリスの傍らに立つニアと呼ばれた少女がニヤリと笑った。

(あなたが入れ知恵をしたのね!)

アリアは全てニアの計画通りだったことを悟る。

「この犯罪者を会場から摘み出せ!」

王子の取り巻きがアリアを力づくで会場から追い出す。

この時、アリアは誓った。
クリスとニアに絶対に復讐をすると。

そしてアリアは公爵家としての力を使い、クリスとニアへ復讐を果たす。

二人が「許してくれ!」と泣いて懇願するが、もう遅い。

「仕掛けてきたのはあなた達でしょう?」
24hポイント 1,306pt
小説 1,336 位 / 140,762件 恋愛 654 位 / 43,684件