きっとくたばっていく僕の物語

 大学の英文学科に通う男性、甲斐翔洋。
 夏のある日、近くの公園を散策していた彼は、セミの幼虫が死んでいくところを目撃し、自然界の無常さに感じ入る。
 そして、それをきっかけに突如セミの幼虫に変身して生きる日々を手に入れ、困惑しつつも生活していく。
 世間の話によれば、幼虫が羽化に成功する確率は8割前後。いいかえれば2割の確率で失敗し、死ぬ。
 そんな運命を背負わされた甲斐は、最後にどんな結末を迎えるのか。

 諸般の事情により原稿すべて一括公開です。
 あと、横書きで読むことをお勧めします。その方が見やすいと思うので……。
24hポイント 0pt
小説 60,579 位 / 60,579件 現代文学 2,659 位 / 2,659件