この世界には愛がない。

2050年、世界中で異世界転生がブームになっている時代。現実世界に疲れ、安らぎを求める為に仕事学校を休んでまで異世界に転生する人が多くなり、社会現象ともなっている暗黒の時代。
そんな時代に生まれた僕は異世界に憧れ、大学の長い夏休みに何百もある異世界の中から一つを選び転生を決意する。
その場所は、現実とはかけ離れた、賑やかで豊かな世界。
そして和気藹々と平和なこの世界で僕は過ごす事を決める。
そこで出会う仲間たちとの日々。
何もかもが楽しかった。

しかし、ある日。
僕は読んでいなかった異世界転生に関する説明書を読んだ。
そこにはこう綴られてあった。

 幸福を追求しすぎてはいけません。異世界での幸福は現実世界での激しい喪失感を伴います。
 よって我々開発者が独自に設定したプログラムにより、幸福度を重なるごとに異世界での日常に支障が出るようにしてあります。
 
 異世界転生プログラムは、旅行のようなものと考えてください。
 異世界にとらわれすぎないように。

 こうして僕の異世界ライフは始まるのだった。
24hポイント 0pt
小説 57,697 位 / 57,697件 ファンタジー 18,902 位 / 18,902件