茜色の空に消えろ

半年前伯方高校に転校してきた僕は、屋上で男二人女の子二人で昼食をとるような青春を送っていた。そんな最中僕は美しい女性に会う。しかし彼女から放たれた言葉は信じられず、周りの皆は彼女が見えないのであった。
これはいつまでも、時が止まったままの僕とその周りの恋模様が描かれた、どんでん返しストーリー。
24hポイント 0pt
小説 58,855 位 / 58,855件 恋愛 14,173 位 / 14,173件