歳末の彗星

十月を迎えた日、僕と椿と圭人は千葉にあるキャンプ場に行くことになった。
僕は椿に思いを寄せ、彼女が幼馴染の圭人に寄り添わないか心配で、彼を邪魔者だと感じながら、悲劇が起きた。
東京に彗星が落下し、東京は滅亡した。隣県の千葉ももちろんひどい有様で、僕達はキャンプ場に留まるほかなかった。
限りある食糧、家族の死、友人の死、を感じながら、僕達は互いに葛藤しあった。
偶然にも生き残った僕らは、そんな絶望的状況の中でも恋をするのであった。
24hポイント 0pt
小説 59,000 位 / 59,000件 ファンタジー 19,067 位 / 19,067件