剣と青年

かつて名剣と呼ばれた剣は、月日が流れ忘れられ、気がつけば錆びにまみれた鉄屑に成り下がってしまった。

その鉄屑を見いだした若き青年は、その鉄屑を元に戻すために今日も腕をふるうのであった。

(気晴らしに書いた短編です、小説家になろう様にも載せています)
24hポイント 0pt
小説 74,134 位 / 74,134件 ファンタジー 21,720 位 / 21,720件