僕異星人。落ちた世界の神様に迷惑がられています

訳あって田舎の片隅に住んでいた僕は、 右も左も分からないまま畑でサツマイモを収穫していたんだ。

どうしてここにいたのか自分が何者なのか で今どうしてこのようなことをしているのか 何も分からないまま働いていた僕でしたが、

ある日、芋を抜いた勢いで転がって、石に頭をぶつけた僕は全ての事を思い出したんだ。

実は僕、異星人だったんだよ!

で、 勢いもあってあんなことやこんなことしていたら、目の前に変な女の人が現れてこういったんだ。

「お願いですから私の世界であんな事やこんな事しないで下さいバランスが崩れてとっても迷惑なんです早く出てってください」

目の前でふよふよ浮きながら、偉そうなことを言う目の前の女の人に僕はこう言ったんだ。

「あんたの世界がどうなろうが構わないんですよ私。だって異星人ですもん」



(勢いだけで書いているモノですので、見苦しいところがあっても笑って許していただけると幸いです。主人公が神様と会うのもかなり後になると思いますが、雰囲気だけでも味わっていただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。)
24hポイント 0pt
小説 64,047 位 / 64,047件 ファンタジー 20,044 位 / 20,044件