偏屈な私の孤独な一生

「女は勉強なんかしなくったっていいんだ!」 それが母さんの口癖だった。

愛想良く、明るい笑顔で、男を立て、子供を生み、家庭を支える。それこそが女の幸せなんだよって。

いつしか母さんとは喧嘩ばかりするようになった。可愛かった妹のことが、段々疎ましく感じるようになってしまった。

だから私は家を出た。
最後に見た母さんの顔は、やっぱりいつもの怒った顔だった。妹は何時も通り、ニコニコ笑っていた気がする。

私はただ、もっと学びたかっただけ。どうして分かってくれないの?


家を出て独りになって、私は現実に打ちのめされる。いつだって思い出すのは母さんの言葉。

きっと私の人生に意味なんてなかった。きっと私の人生に価値なんてなかった。きっと私の人生は誰にも理解を得られない。
きっと私の人生は幸福ではなかったのだろう。いや、はっきりと、不幸な人生であったのかもしれない。

それでも私はいつも通りにこういうのだ。「貴女のことなんて大嫌いだ」と。
24hポイント 0pt
小説 101,553 位 / 101,553件 キャラ文芸 2,627 位 / 2,627件