火野村志紀

火野村志紀

発酵済みオタク。
19
恋愛 連載中 短編 R15
王家の血を引くラクール公爵家。両家の取り決めにより、男爵令嬢のアリシアは、ラクール公爵子息のダミアンと婚約した。 しかし、この国では一夫多妻制が認められている。ある伯爵令嬢に一目惚れしたダミアンは、彼女とも結婚すると言い出した。公爵の忠告に聞く耳を持たず、ダミアンは伯爵令嬢を正妻として迎える。そしてアリシアは、側室という扱いを受けることになった。 数年後、公爵が病で亡くなり、生前書き残していた遺言書が開封された。そこに書かれていたのは、ダミアンにとって信じられない内容だった。
24h.ポイント 1,469pt
小説 822 位 / 186,265件 恋愛 426 位 / 58,647件
文字数 30,720 最終更新日 2023.12.23 登録日 2023.12.01
恋愛 連載中 短編 R15
ロナンシュ伯爵夫人ネルが夫に離婚を言い渡されたのは、結婚して半年後のことだった。 リーゼバイン公爵令嬢に心を奪われ、彼女と結婚することを決めたのだという。しかも公爵令嬢のお腹の中には、既に子供がいるらしい。 突然のことに唖然とするネルに、公爵令嬢はこんな提案をする。 「あなたには弟をあげるわ」 リーゼバイン公爵家には、落ちこぼれの三男がいる。その男と再婚しろと言うのだ。 両親にも命じられ、ネルは三男と無理矢理結婚させられてしまう。 失意の中、新らしい夫が隠居している辺境へと向かうネル。 何も知らされていなかった三男は、戸惑いながらもネルを優しく受け入れる。 ネルはそんな彼に尽くそうと決意する。 一方、ロナンシュ伯爵家では様々な問題が起こり始め、やがてそれはリーゼバイン公爵家をも窮地に陥れることになる。 ※ツギクル様にも投稿中です。
24h.ポイント 731pt
小説 1,614 位 / 186,265件 恋愛 847 位 / 58,647件
文字数 54,485 最終更新日 2023.12.22 登録日 2023.11.27
恋愛 連載中 短編
侯爵令嬢アニュエラは、王太子サディアスの正妃となった……はずだった。 だが、サディアスはミリアという令嬢を正妃にすると言い出し、アニュエラは側妃の地位を押し付けられた。 それでも構わないと思っていたのだ。サディアスが「側妃は所詮お飾りだ」と言い出すまでは。
24h.ポイント 1,228pt
小説 985 位 / 186,265件 恋愛 509 位 / 58,647件
文字数 84,379 最終更新日 2023.12.15 登録日 2023.05.16
恋愛 完結 短編 R15
いっそのこと、手放してくださった方が楽でした。 だから、私から離れようと思うのです。
24h.ポイント 255pt
小説 4,496 位 / 186,265件 恋愛 2,157 位 / 58,647件
文字数 25,233 最終更新日 2023.05.16 登録日 2023.05.01
恋愛 完結 短編 R15
デセルバート男爵セザールは当主として重圧から逃れるために、愛する女性の手を取った。妻子や多くの使用人を残して。 それから十年後、セザールは自国に戻ってきた。高い地位に就いた彼は罪滅ぼしのため、妻子たちを援助しようと思ったのだ。 しかしデセルバート家は既に没落していた。 ※なろう様にも投稿中。
24h.ポイント 163pt
小説 6,619 位 / 186,265件 恋愛 3,059 位 / 58,647件
文字数 17,665 最終更新日 2023.04.30 登録日 2023.04.14
恋愛 連載中 長編
【現在書籍板1~3巻発売中】 貧乏男爵家の娘に生まれたレイフェルは、自作の薬を売ることでどうにか家計を支えていた。 妹を溺愛してばかりの両親と、我慢や勉強が嫌いな妹のために苦労を重ねていた彼女にも春かやって来る。 薬師としての腕を認められ、レオル伯アーロンの婚約者になったのだ。 アーロンのため、幸せな将来のため彼が経営する薬屋の仕事を毎日頑張っていたレイフェルだったが、「仕事ばかりの冷たい女」と屋敷の使用人からは冷遇されていた。 さらにアーロンからも一方的に婚約破棄を言い渡され、なんと妹が新しい婚約者になった。 実家からも逃げ出し、孤独の身となったレイフェルだったが……
24h.ポイント 248pt
小説 4,634 位 / 186,265件 恋愛 2,206 位 / 58,647件
文字数 425,835 最終更新日 2023.03.01 登録日 2021.06.28
恋愛 完結 短編 R15
レオーヌ侯爵家の令嬢ライラは、ソルベリア公爵家の子息トーマスと婚約した。 自分を深く愛してくれる婚約者。彼となら、幸せな未来を築けると信じていた。 彼の愛人だという女性が現れるまでは。 (カクヨム様でも投稿しています)
24h.ポイント 397pt
小説 2,958 位 / 186,265件 恋愛 1,508 位 / 58,647件
文字数 92,998 最終更新日 2023.01.16 登録日 2022.11.27
恋愛 連載中 短編 R15
魔法と呼ばれる力が存在する世界。 水魔法の名家であるロイジェ公爵子息クリストフには、かつて愛していた婚約者がいた。 男爵令嬢アンリ。彼女は希少な光魔法の使い手で、それ故にクリストフの婚約者となれた。 一生守るつもりだったのだ。 『彼女』が現れる、あの時までは。
24h.ポイント 78pt
小説 11,075 位 / 186,265件 恋愛 5,103 位 / 58,647件
文字数 19,783 最終更新日 2022.12.31 登録日 2022.12.19
恋愛 完結 短編
伯爵令嬢シャロンには、悩みがあった。 それは婚約者であり、ホロウス侯爵子息のアランが極度のシスコンで、妹のエミリーを溺愛していること。 二人きりの時も、彼女の話ばかり。 さらにエミリーと婚約したクラレンスを敵視しているようだった。 そして夜会の時に事件が起こる。 「よくもエミリーの心を傷付けたな……お前との婚約は破棄させてもらう!」 ついにアランから婚約破棄を言い渡されてしまう。 しかも良からぬ噂まで広まり、落ち込むシャロン。 それでも何とか立ち直ろうとしていると、意外な人物がシャロンの前に現れた。 ※ツギクル様、なろう様でも連載しています。
24h.ポイント 120pt
小説 8,218 位 / 186,265件 恋愛 3,790 位 / 58,647件
文字数 29,420 最終更新日 2022.10.09 登録日 2022.09.11
恋愛 完結 短編 R15
トゥーラ侯爵家の当主と結婚して幸せな夫婦生活を送っていたリリティーヌ。 しかしそんな日々も夫のエリオットの浮気によって終わりを告げる。 浮気相手は平民のレナ。 エリオットはレナとは半年前から関係を持っていたらしく、それを知ったリリティーヌは即座に離婚を決める。 エリオットはリリティーヌを本気で愛していると言って拒否する。その真剣な表情に、心が揺らぎそうになるリリティーヌ。 ところが次の瞬間、エリオットから衝撃の発言が。 「レナをこの屋敷に住まわせたいと思うんだ。いいよね……?」 ば、馬鹿野郎!!
24h.ポイント 163pt
小説 6,619 位 / 186,265件 恋愛 3,059 位 / 58,647件
文字数 17,710 最終更新日 2022.07.06 登録日 2022.06.25
恋愛 完結 長編 R15
貧乏な男爵家の三女として生まれたリグレットは、侯爵令嬢ブランシェの在りもしない醜聞を吹聴した罪で貴族界から追放。修道院送りになってしまう。 ……と、そこでリグレットは自分の前世を思い出した。同時に、農家の行き遅れ娘でモリモリ頑張りつつ、その合間にプレイしていた乙女ゲームの世界の中にいると気づく。 リグレットは主要キャラではなく、ライバルの悪役令嬢プランシェの腰巾着。 ゲーム本編には一切登場せず、数多いるブランシェの被害者の一人に過ぎなかった。 やったね! ヒロインがヒーローたちをフラグを立てているうちにさっさとこの国から逃げる計画を立てよう! 何とこのゲーム、メリバエンドがいくつも存在していて、この国そのものが滅亡するぶっ飛んだエンドもある。 人の恋路に巻き込まれて死にたくねぇ。というわけで、この国を脱出するためにもまずは修道院で逞しく生きようと思います。 それとメインヒーローの弟さん、何故私に会いに来るんですか?
24h.ポイント 227pt
小説 5,086 位 / 186,265件 恋愛 2,382 位 / 58,647件
文字数 134,254 最終更新日 2022.06.12 登録日 2022.02.23
恋愛 完結 短編 R15
花の女神の神官アンリエッタは嵐の神の神官であるセレスタンと結婚するが、三年経っても子宝に恵まれなかった。 そのせいで義母にいびられていたが、セレスタンへの愛を貫こうとしていた。だがセレスタンの不在中についに逃げ出す。 式典のために神殿に泊まり込んでいたセレスタンが全てを知ったのは、家に帰って来てから。 愛らしい笑顔で出迎えてくれるはずの妻がいないと落ち込むセレスタンに、彼の両親は雨の女神の神官を新たな嫁にと薦めるが……
24h.ポイント 156pt
小説 6,806 位 / 186,265件 恋愛 3,158 位 / 58,647件
文字数 49,264 最終更新日 2022.06.10 登録日 2022.04.19
恋愛 完結 長編 R15
平民のリザリアはフィリヌ侯爵が経営する魔導工芸品店に経理として就職後、侯爵子息のトールと結婚することとなる。 だが新婚生活は上手くいかなかった。トールは幼馴染のアデラと関係を持つようになる。侯爵夫妻には夫に浮気をさせるつまらない妻と蔑まれ、リザリアは離婚前提の別居を強要されるも、意外にもあっさり了承した。 養子先であるディンデール家に戻ったリザリアはきっと追い出されるに違いないと、トールたちは笑っていたが……。 別名義で『小説家になろう』様にも投稿しています。
24h.ポイント 120pt
小説 8,218 位 / 186,265件 恋愛 3,790 位 / 58,647件
文字数 119,117 最終更新日 2022.02.15 登録日 2021.12.06
恋愛 完結 ショートショート R15
※全16話となります。 「そうですか。今まであなたに尽くしていた私は側妃扱いで、急に湧いて出てきた彼女が正妃だと? どうぞ、お好きになさって。その代わり私も好きにしますので」
24h.ポイント 191pt
小説 5,917 位 / 186,265件 恋愛 2,734 位 / 58,647件
文字数 21,517 最終更新日 2022.01.31 登録日 2022.01.20
恋愛 連載中 長編
エリグラ伯爵家の次女サリサは、生まれつき闇魔法しか使うことができない。 そのせいで両親からは水属性の魔法の使い手である姉のテレーゼと比較され、姉からは密かに虐待され続けていた。 そんなある日、サリサは闇妖精とのハーフであるゴブリンのヴィクターと結婚することになる。ゴブリンは高い魔力を有しており、この国に結界を張って守ることを役割としているのだが、醜悪な容姿をしているとされる。 相手はテレーゼを指定したのだが、テレーゼはそれを拒否。顔だけはよく似ているサリサが身代わりに選ばれてしまう。 サリサは全てを諦め、結婚相手が住むという森に向かうが……。
24h.ポイント 42pt
小説 16,199 位 / 186,265件 恋愛 7,414 位 / 58,647件
文字数 73,367 最終更新日 2022.01.27 登録日 2022.01.01
恋愛 完結 短編 R15
あなた方が訪れるその時をお待ちしております。 王宮医官長のエステルは、流行り病の特効薬を第四王子に服用させた。すると王子は高熱で苦しみ出し、エステルを含めた王宮医官たちは罪人として投獄されてしまう。 そしてエステルの婚約者であり大臣の息子のブノワは、エステルを口汚く罵り婚約破棄をすると、王女ナデージュとの婚約を果たす。ブノワにとって、優秀すぎるエステルは以前から邪魔な存在だったのだ。 エステルは貴族や平民からも悪女、魔女と罵られながら処刑された。 それがこの国の終わりの始まりだった。
24h.ポイント 78pt
小説 11,075 位 / 186,265件 恋愛 5,103 位 / 58,647件
文字数 25,864 最終更新日 2021.11.22 登録日 2021.11.13
恋愛 完結 短編
子爵令嬢オデットは、レーヌ伯爵家の当主カミーユと結婚した。 二人の初対面は最悪でオデットは容姿端麗のカミーユに酷く罵倒された。 案の定結婚生活は冷え切ったものだった。二人の会話は殆どなく、カミーユはオデットに冷たい態度を取るばかり。 そんなある日、ついに事件が起こる。 オデットと仲の良いメイドがカミーユの逆鱗に触れ、屋敷に追い出されそうになったのだ。 どうにか許してもらったオデットだが、ついに我慢の限界を迎え、カミーユとの離婚を決意。 一方、妻の計画など知らずにカミーユは……。
24h.ポイント 326pt
小説 3,583 位 / 186,265件 恋愛 1,783 位 / 58,647件
文字数 48,936 最終更新日 2021.10.28 登録日 2021.09.19
恋愛 完結 短編
ツィトー男爵家の令嬢ラピスはマーロア公爵令息リネオと婚約していたが、リネオはラピスの知らぬ間に他の令嬢と恋に落ちていたらしく、婚約破棄を言い渡された。 公務そっちのけで遊び歩いてばかりだったリネオに呆れていたラピスはそれを了承する。 ところが、「慰謝料を払うのは君の家だ」と言い始めるリネオ。 弁護士や裁判官は皆マーロア家と繋がりが深い者ばかり。 愛人になるなら慰謝料を払う必要がないとリネオは言うが、ラピスには受け入れがたい話。両親は世間の目とマーロア家からの援助欲しさに、リネオの愛人になれと娘に迫り…… 「もう疲れました」とラピスは全てを捨てることにした。
24h.ポイント 85pt
小説 10,312 位 / 186,265件 恋愛 4,843 位 / 58,647件
文字数 43,579 最終更新日 2021.09.13 登録日 2021.08.26
恋愛 完結 長編
身寄りがないカスタネアは菓子店の夫婦に拾われた。 菓子作りが得意になった彼女を婚約者にしたいと言い出したルビス侯爵ライネック。 彼の屋敷で暮らすことになったカスタネアを待っていたのは多忙の日常。 ライネックを怒らせないため、毎日頑張っていたカスタネアだったが、ついに彼の逆鱗に触れ、婚約破棄を言い渡されてしまう。 「君がこのこを要らないなら、うちが貰うよ」 失意のどん底に叩き落とされたカスタネアに手を差し伸べたのは……。
24h.ポイント 582pt
小説 2,027 位 / 186,265件 恋愛 1,044 位 / 58,647件
文字数 30,265 最終更新日 2021.08.20 登録日 2021.08.12
19