ヒト・カタ・ヒト・ヒラ

北関東の片田舎に住む、ごく普通の中学生、東景は自宅の土蔵で全裸の少女に襲われて意識を失う。
翌日、記憶が曖昧なまま目を覚ますと、親戚のおばさんが「お手伝いさん」として一人の少女を連れてきた。
自分より少し年上で背が高い、寒気がするほどに美しい黒髪の美少女。名前は東瀬織。
妖艶にして大胆不敵な瀬織に圧倒され、生活を支配されていく景だったが、
同時に家族として受け入れていく。
やがて景は、瀬織が人ならざる宿業を負う邪悪な存在と知る。
24hポイント 242pt
小説 4,614 位 / 105,251件 SF 57 位 / 3,062件