死神の仕事も楽じゃない

 彼は最後に微笑んでいた。

 世の中には死神と言う存在がいる。死神は、命の管理者だ。
 死を迎える人間のもとに現れ、死の事実を伝え、最後を看取る。
 
 少女、神木乃亜は一人の少年、碓氷真司の死神となった。
 二人は一日を共にする中で、心を通わせていく。──最後に乃亜が見た景色は彼女の心を深く抉る事になる。
24hポイント 0pt
小説 140,307 位 / 140,307件 恋愛 43,404 位 / 43,404件