金と銀の婚礼 臆病な聖女と初恋の王子様

【書籍化のため本編と番外編は引き下げました】
「オーランド殿下に嫁ぐのは諦めたほうが、お前のためかもしれないな」
侯爵である父の言葉に、アナスタシアは静かに頷いた。自分はきっと王太子妃に相応しくない。
幼い頃からの恋を諦め、修道女になることを決意したアナスタシアは、最後の夜会へ向かう。そのとき社交界では、オーランドが別の令嬢と婚約するという噂がまことしやかに囁かれていた――。

◆Web投稿時の表紙はアマノハラペコ様に描いていただきました。
24hポイント 63pt
小説 14,173 位 / 149,077件 恋愛 6,747 位 / 47,006件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。