愛しいねえ様がいなくなったと思ったら、勝手に婚約者が決められてたんですけどっ!?

わたしには小さい頃、大好きな大好きなねえ様がいた。そんなねえ様と過ごす愛しい日々が、ずっと続くと思っていた。けれどねえ様は、ある日突然いなくなってしまった。
ねえ様がいなくなって、めそめそ泣いていた幼いわたしに、お父様が婚約者を決めた。
その婚約者様は隣国に住んでおり、一度も会ったことが無い。そして、わたしの十五歳の誕生日。婚約者様と初めて顔合わせをする。

設定はふわっと。

※百合ではありません。
24hポイント 92pt
小説 7,797 位 / 99,408件 恋愛 3,616 位 / 27,660件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

妹が全てを奪う時、私は声を失った。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:115702pt お気に入り:4444

旦那様は妻の私より幼馴染の方が大切なようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:327758pt お気に入り:9872

子は授かりものと言いますが

恋愛 / 完結 24h.ポイント:71pt お気に入り:27

悪役令嬢と結婚してざまぁな話

恋愛 / 完結 24h.ポイント:2918pt お気に入り:13

レイチェル・ジーンは踊らない

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:5283pt お気に入り:515