骨盗み

敗戦後の日本。
アメリカ文化が一気に広まる中で、木村は便利屋を営んでいた。そこにふらりと旧知の飛田がやってきて、とある依頼を受ける。
それは火葬場からのとある人の骨盗みだった。
兵の目をかいくぐって、木村と飛田は貴人の骨を盗み出すことができるのか。

※A級戦犯となった英霊の骨をいかにして守ったか、事実に基づいたフィクションとなります。
24hポイント 0pt
小説 124,663 位 / 124,663件 歴史・時代 1,407 位 / 1,407件