戦場のジョーカー

 かつて、長く続く戦乱の時代があった。世界各地が血に染まり、国の境が一日と持たずに書き換わるそんな時代が。
 そんな中、その戦闘力の高さで世界に名を轟かせた傭兵団が存在した。その名をゲオルグ傭兵団。
 彼らは大陸各地の様々な戦場を渡り歩るき、数々の戦功を挙げていった。戦場を血の海に変えたことも一度や二度ではない。
 だが、そんな彼らは参加した戦争で一度として勝利者の側にはいなかった。戦前劣勢と言われた側についた時だけでなく、圧倒的に優勢と言われた側についた時でさえ。
 やがて、彼らの名が広まるにつれ、彼らは忌避されるようになる。敵としては勿論、味方としても。
 そんな彼らを表した言葉にこのようなものがある。

 ゲオルグ傭兵団と轡を並べる者達よ、気を付けよ。汝らに勝利は訪れぬ。
 ゲオルグ傭兵団と刃を交える者達よ、気を付けよ。彼らは汝らの死神故に。

 そんな言葉で語られる彼らの目的は勝者を甚振ること。
 勝者を甚振ることで戦乱の世を平定する国が現れないようにする為に。
 それ故に敗者となる側につくのだ。
 勝者を甚振ることが出来るのは敗者だけだから。
 そんな戦乱の世を長引かせようとした戦闘狂達の物語である。
24hポイント 0pt
小説 66,099 位 / 66,099件 ファンタジー 20,318 位 / 20,318件