生から死への相転移

「こないだ、ともこにも話したように、昨年、父親が亡くなり、先月、母親が亡くなって、ここのところアイデアが浮かばなかったんだけど、今日、松屋でお昼ごはんを食べているときに、久しぶりに思いついたんだ」
「生から死への相転移」
と、ヤスヒロは、ノンアルコールビールのジョッキを右手で持ちながら、ともこに言った。
24hポイント 0pt
小説 124,453 位 / 124,453件 SF 3,560 位 / 3,560件