シャッター商店街のシャッターの開け方

「今日も沢山売れ残るのかなあ、、、、」

昭和は沢山の団体で賑わった温泉街にある【柳原ベーカリー】の柳原一郎の前に販売促進を手伝うという三木という男が現れる。

『いい物を作ればいつかは解ってもらえるから必要無い』という一郎に対して、

『情報を出していないところは存在しないも同じ』いつかは凄い長いスパンになっているのに、それでも『いつか』を待つかと問う三木。

『PUSH情報とPULL情報』『フリーミアム戦略』『情報を記憶させる方法』など『いつか』のタイミングを早めていく方法を学びながらも、その先にある小さいお店ならではの商売の本質を思い出していく一郎。

しだいに勢いを取り戻してきた【柳原ベーカリー】

そして、街を巻き込んでのイベント開催。その先に訪れる地方創生とは、、
24hポイント 71pt
小説 7,015 位 / 57,769件 経済・企業 18 位 / 133件