ダメな私と吸血鬼

私は...出来損ないの貴族の子...いつも出来の良い姉と比べられて...もううんざりよ...!(怒)
唯一私の味方だった...私の執事だって...あの家族に消されたの...いいえ、正確には...私がこの手で殺めてしまったの...「逃げてください!!早く!!!」こう言われて...私の足は...勝手に屋敷を飛び出して...気がつけば、人家のない森を駆け抜けていた...。そして、だいぶ奥まで来た時、突然後ろから口を塞がれたかと思ったら、首に鋭い痛みが...私は...意識を失った...。
この物語は、そんな出来損ないの女の子...エピーヌと、一人の変わった吸血鬼との物語...。
24hポイント 0pt
小説 104,956 位 / 104,956件 ファンタジー 27,872 位 / 27,872件