記憶の園に埋めた花

高校二年、バドミントン部の長瀬仁美は、バスケット部のムードメーカー柚木に想いを寄せていた。

体育館の隣のスペースで練習しているバスケ部をふと見やって、彼と目が合った日はそれだけで胸が躍った。

そんなある日、長瀬は彼に告白されて付き合うことに。

幸せいっぱいの高校生活を送る長瀬だったが、一緒に下校するくらいでデートもまともにしてないのは付き合ってるといえるの?と友人に指摘されて、不安になる。

自分から休みの日に校外で会いたい、と言う機会を伺っていた長瀬は、親友で女子バスケ部の吉良直美と柚木が一緒に下校しているところを目撃する。

同じ部活だし、たまたま一緒に帰ってるだけだよね?

そう思いながらも、楽しそうな柚木は長瀬と共にいるときとは比べようもないほど打ち解けて親密に見えた。


大好きすぎて近づけない不器用な恋のお話。
24hポイント 0pt
小説 148,559 位 / 148,559件 恋愛 46,826 位 / 46,826件