殺人鬼のジェイ君は女の子を殺せない

栗栖湖。
それは森林に囲まれた自然豊かな湖だ。
一番近い民家でも数十キロは離れており、ネットも電話もつながらない陸の孤島である。

この湖には逸話がある。
大昔、ここで暮らしていた村人達が焼き討ちに遭い、この場所に埋められた。
その日、大規模な嵐が起き、焼き討ちに参加した人間達は、その嵐に巻き込まれて死亡した。
嵐が過ぎ去った後、焼き討ちにされた村の跡地には、いつの間にやらこの栗栖湖ができていたという。
以来、この場所に足を踏み入れた者は呪われると言い伝えられている。
それを証明するかのように、栗栖湖周辺のキャンプ場に泊まっていた若者が、次々と行方不明になっていた。

そんな栗栖湖に、再び生贄となる少女たちが足を踏み入れようとしていた。
栗栖湖の番人である、アイスホッケーの仮面を被った大男は、彼女達がいつもの生贄とは違うことに気付いていた。
彼女たちは栗栖湖に辿り着く以前から、まったく別の悪霊たちに狙われていたのだ。

栗栖湖に集結する悪霊たち。
それに気付かず、どこまでも純真無垢な少女たち。

栗栖湖の番人は、そんな彼女たちと交流を深め、大きな決断を下す。

その時、男の持つマチェットが、初めて誰かを守るために振るわれる。



※他の小説投稿サイトでも投稿しています
24hポイント 0pt
小説 49,158 位 / 49,158件 ホラー 1,905 位 / 1,905件